どんな特徴があるのか

女性

群馬でも太陽光発電を導入する人は多くいますが、実際に利用する場合は、その特徴について知っておく必要があるでしょう。そもそも太陽光発電とういのは、文字通り太陽光を電気に変えるという発電方法であり、環境に優しい発電方法としてよく知られています。このシステムと利用するためには、太陽光パネルの他にも、直流電流を交流電流に変換するパワーコンディショナーと呼ばれる機器などが必要になりますし、それらの購入費用がかかります。発電した電気については、自宅で使うことができるほか、余った分については電力会社に売電することが可能です。そのため、日常で使う電気代を安くできるだけでなく、売電によって収入を得ることもできるようになります。売電に関しては、固定価格買取制度というものが設けられており、10年~20年という一定期間は安定した収入を得ることができるのです。ただし太陽光発電システムを導入する場合は、それを購入するための初期費用やその後のメンテナス費用がかかります。そのため、さまざまなコストを洗い出し、売電収入などでいつまでに元が取れるのかといったことをあらかじめ計算しておくことも重要でしょう。また太陽光発電の設置費用は、容量1kWあたりいくらという値段表示がなされることが多いという特徴があり、実際の相場は1kWあたり30万円程度になります。そのため、仮に5kWの容量のものを設置する場合であれば150万円程度の価格になるということが言えるでしょう。

どんな種類があるのか

太陽光発電の家

群馬で太陽光発電を導入する場合は、どんな種類があるのかということやその特徴も知っておくとよいでしょう。種類としては住宅用と産業用の2つがあり、それらは主に、発電する容量によって区別されています。まず「住宅用」は、容量が10kW未満のものを指し、一戸建ての屋根などに太陽光パネルを設置してあるものがそれにあたります。住宅用は、さきほども説明したように発電した電気を自宅で使い、余った分は売ることができるというのが特徴です。一方の「産業用」は、容量が10kW以上あるものを指し、空き地などを利用して太陽光パネルを設置しているケースが多くみられます。こちらは発電した電気をすべて売電して利益を得るという、投資目的で設置されることが多いと言えるでしょう。また固定価格買取制度の期間については、住宅用が10年であるのに対して、産業用は20年と長くなっています。そして売電価格に関しては、住宅用のほうが産業用よりも少しだけ高くなるという違いがあると言えるでしょう。